異文化コミュニケーションを円滑にする方法

英語でのコミュニケーション、様々な違いを乗り越えて外国人とお互い満足して仕事をするためのブログ。

シンガポール企業のいくつかの特徴・シンガポールの会社と仕事をするときの留意点

今日はシンガポールで働きたいと思っている方、シンガポールの会社と仕事をしている方が参考にできる情報についてブログを書いていきます。

これらの情報は、私が以前シンガポール担当として働いていた経験や、現在契約をしているシンガポールの会社での経験、シンガポールで働いている友人の経験をもとに書いています。

将来的にどんどんリライトしていきたいと思っている記事です。 

シンガポールについての大前提

シンガポールは主に中国系からなる多民族国家。人口は中国系75%、マレー系13%、インド系8%で構成されており、移民によって作られた国家です。

公用語は、中国語(また中国語系方言)、マレー語、タミル語(インドの言語)、英語で、シンガポールで教育を受けている人であればほぼ全ての人が英語と自分の民族の言語を話すことができます。またマレーシア・インドネシアなどの東南アジア、インド、中国本土から働きに来ている人も多いです。

英語を公用語として話すこと・また東南アジアのハブとしての機能があることから欧米企業も多く進出しており、特に金融系・石油系企業では欧米人もよく見かけます。

(詳しくはグーグルで調べてみてください)

f:id:knttsm:20161220192825j:plain

シンガポール企業で働く

1.マイクロマネジメント

他民族の従業員を管理するためにどうしてもマイクロマネジメントになりがちです。

例えばマレー系・ネシア系は上司が見ていないところで仕事をサボったりテキトー進めたりする傾向があり、中華系も働いているように見せるのがうまい。

また最低限のことだけをやってそれでいいや、という人が日本人に比べて多いです。

よって、彼らの上司は成果を出すために細かく部下をマネジメントし仕事を進めていかざるを得ません。

Weekly report, bi-weekly report, monthly reportなどなど複数のレポート提出・管理が求められます。

ですので、あなたが従業員であれば細かい報告をしなければいけないですし、上司であれば細かい部下管理が必要となります。

2.長めの勤務時間

契約先のシンガポールの会社では勤務時間が朝8時から夕方5時半(うち昼休み1時間)までと日本に比べて長めです。労働時間8時間は基準の一つとしてありますが、週5日が勤務日数の場合は一日の労働時間を9時間までに延長することができ、それを採用している会社が多いです。

ほとんどの人は6時までには会社を出ていますが、課長以上は家に仕事を持ち帰っている人も多々いるようです。

そんな理由からシンガポールでもワークライフバランスの重要性がうたわれています。

3.客先には手厚いおもてなし

あなたが営業であれば、客先が来た時の夜の食事会、週末のゴルフへの参加は当たり前に期待されることです。

とくに客先が日系であれば、週末のゴルフや週末のランチなどに呼ばれる可能性が高いです。あなたが働きたい会社がローカル企業であればあるほど。

※欧米色が強いシンガポールの会社であれば状況は少し違いますのでご留意を。

シンガポールの客先と仕事をする

1.コーカソイド(白人)に弱い

たぶんアジア人全般が白人に押されると弱いように、シンガポールでもそうなのだと思います、、、イギリスの植民地だったことが関係しているのかなぁとも考えてみたり。

友人と私の経験上での話です。

まだ関係ができていない客先に、マネジメントとの面会を依頼した際、白人の(名前を持った)上司を連れていく、とした方がはるかに面会率が高かったです。

またCold callの際もネイティブの英語でアポを取った方がはるかにアポ率が高いこともありました。そこは英語が純粋にうまくてごり押しが通用したという可能性もありますが。

2.時は金なり(特に中国系の課長以上はこの傾向あり)

仕事を決めるスピードが早く、待ち合わせ時間などに対しても厳しいです。

例えば、客先が500万円の商品と3000万円の商品の見積もりをあなたの会社からとっている場合、500万円の商品に関しては、見積もり提出が早かったベンダーにパパッと発注を決めてしまうことがあります。他のベンダーとの比較もなしに。

よって、見積もり合計金額が小さい見積もりに関しては、見積もり提出までのスピードが命

これは個人の体験ですが、あるお客さんに電話を掛けるアポを取り、約束の時間の2分後に電話を掛けたところ、「2分遅いじゃない!」と注意をされました。

私の経験上、約束の時間ぴったりに電話をすると大抵トイレに行っていたり、打ち合わせをしていたりするので、気を遣ったことなのですが、こういうこともあるので時間は厳守しましょう。

まとめ

1.他民族からなるチームをまとめるにはマイクロマネジメントになりがち。あなたが上司の場合は少し注意をして部下を管理しましょう。

2.客先にはウェットなおもてなし週末ゴルフなど誘われる可能性があるので、心の準備を!

3.時は金なり!会議の開始時刻・電話をかける時間が決まっている場合は時間ぴったりには行動をしていましょう。