異文化コミュニケーションを円滑にする方法

英語でのコミュニケーション、様々な違いを乗り越えて外国人とお互い満足して仕事をするためのブログ。

外国人に誤解されてしまう日本人の態度

記事を下記のWebsiteに載せて頂けることになったため引っ越し中。
2017年10月1日更新:http://commlution.jp/
----------------
私が今まで海外で仕事をしてきて、
よく外国人から理由を聞かれた、日本人の会話中の態度はなんだと思いますか?
それはボディランゲージが少ないことでも、
リアクションが薄いことでもなく、
日本では誰もがしている、3つのことなんです。
この3つをうまくコントロールするだけで、
外国人から誤解されることが少なくなり、いい人間関係が築けるようになります。 

日本人の誤解を生む態度 

1.理由もなく笑っている(愛想笑いをしてる)。
2.目をあまり合わせない。
3.頷きすぎている。
 
思い当たること、ありませんか?
 
上の3点は日本人であれば、
相手に話を聞いていること、敵意がないことを見せる態度ですよね。
誤解を避けるためにも、
これらの態度は意識してコントロールする必要があります。

f:id:knttsm:20161114175752j:plain

あなたの態度に、外国人はこう思っている!

1.理由もなく笑っている(愛想笑いをしてる)。

「なんで理由もなく笑っているんだ?馬鹿にしているのか?」
 
愛想をよくしたり、気まずさや緊張を和らげる際に、
日本人は無意識に笑ってしまいがちです。
例えば相手に注意する際も「○○するようにしてくださいねー」と、
愛想笑いをして注意する人もいますよね。
理由もなく笑ってしまったり、実際の感情とは反対に笑顔だけ作ってしまうと、
特に欧米系の外国人はバカにされているように感じ、
あなたの意図を誤解をしてしまうことがあります。 

2.目をあまり合わせない。

「なんで目を見てこないんだろう、隠していることでもあるのか。
れとも話に興味がないのか?自信がないのか?」
 
相手の目を見つめることは日本では、敵意があるようにとられたり、
失礼だと捉えられたりしますよね。
海外の方からすると、目を合わせないことは、
コミュニケーションを遮断されたように感じてしまったり、
たとえあなたが誠実に話していたとしても、
その誠実さが相手に伝わらないんです。 

3.頷きすぎている。

「本当にわかってるの?本当にすべてに同意しているの?」
 
うなずくという行為は日本では「あなたの話を聞いている」という態度ですが、
「海外ではあなたの言っていることをわかっています」や、
「あなたに同意しています」と捉えられています。
アメリカ・イギリス・イタリア人の同僚に言われたことです;
日本人と話をしていてうなずいているので、
わかっていると思い話していたが、
最後に「Do you understand what I mean?」と聞いたら、「No」と言われた。
わからないなら頷かないで聞けばいいのに!、、だそうです。

まとめ

日本で普段無意識にしていることを変えることは簡単ではありませんが、
少なくとも仕事中は、
 
1.理由もなく笑わない。
2.会話中にアイコンタクトをとる。
3.理解している、同意している際に頷く。わからないのであれば聞く。
 
これらの3点に注意してみて下さいね。