異文化コミュニケーションを円滑にする方法

英語でのコミュニケーション、様々な違いを乗り越えて外国人とお互い満足して仕事をするためのブログ。

イタリア人 VS ドイツ人 - 列には並ぶべきか

こんにちは、海外で仕事をされている方、外国人と仕事をされている方のサポートをしているタズミです。

 

先週は夏休み2週目でした。旅行も二週間続くと若干疲れてきて、

そろそろ休むことに休みたくなってきた。。。

 

夏休み2週目では、Firenze、Pisa、Cinque terreを巡り、現在Milanoにいます。

先日FBにも書きましたが、8月17日はPortovenereという街で、

マドンナを祝うカトリックのお祭りがありました。

海に面している街は2000個を超えるろうそくで灯されて、とても神秘的。

私はLericiという街に滞在していたため、Portovenereまでは船で行き、

ろうそくの火がゆれてライトアップされている街を、

海から、陸から見ることができました。

 

f:id:knttsm:20160821182017j:plain

 

さて、前置きは長くなりましたが、本題へ。

このお祭りを見るためにヨーロッパ中から人が集まっており、

街は人、人、人!!!!!!!!

(たとえるなら休日の渋谷スクランブル交差点)

ほとんどの観光客はPortovenereには泊まっておらず他の街から船で来ているため、

夜11時をすぎると、港には船に乗るための人で身動きが取れないくらい混んでいます。

 

列は船に乗る入り口付近にハの字にフェンスが置いてあるだけで整備されておらず、

とりあえずみんな船に乗る入り口に向かって、ごちゃっと並ぶだけ。

私も割り込まれないように友達とピッタリ列にくっついて、自分の番を待っていました。

 

すると、何人ものイタリア人たちが列を無視して、船の入口へ!

そのイタリア人はハの字の外側からどんどん列に割り込んで、

我先にと船に乗り込んでいっています。

イタリア人の友人は「イタリア人の悪い習慣だ」と私にだけ言って、

黙ってみていましたが、黙っていられない人たちが。。。

 

「なんで君たちは列に並ばないんだ!!!!!」

(ドイツ語の英語アクセント)

 

一瞬静まり、ざわつく列。。。

 

イタリア人「・・・・?(一度振り返って、進もうとする)」

ド「君たちは並ぶべきだ!みんな並んでいるじゃないか!」

イ「別に早く乗りたいなら、こっちから乗りこめばいいじゃん」

(こっちにこいと手招きをするイタリア人)

ド「不公平だからちゃんと列に並ぶべきだ!」

(どこからか拍手が。。。)

イ「(無視して割り込みをして船に乗り込んでいく…)」

(まったく何をいっているんだか、のジェスチャー付)

 

あとで注意をした人の会話を聞いてみると、

やはりドイツ人でした。

彼らの近くにいたイギリス人がよく言ったと彼らを讃えています。

 

私は中国に何度も行ったり、イタリアで生活をしていて、

割り込まれることに慣れていて、

(割り込まれないように自分がするべきという頭になっていって)

ああ、また割り込みしているなぁ、程度にしか思っていませんでしたが、

やはり日本人・ドイツ人・イギリス人、アメリカ人もですが、

割り込みをすることはやっぱりルール違反なんですね。

 

個人的には「お前もこっちから乗り込めばいいじゃん」と何食わぬ顔で言うイタリア人にワーオでしたが、

ルールに対する国の思想の違いと、

ルールを破った人に対してどう対応するか、がわかる一件でした。

 

きっと日本人やイギリス人は割り込みをする人に対して、

注意まではしなかっただろうなぁ、と思いつつ、、、

 

海外に行って割り込みをされたくない人は、ちゃんとピッタリ前の人に近づいてください。

注意をしたいけどできない人は、誰かが注意した時には拍手で後押し!

(ヨーロッパ旅行をしているときにこういう状況を何度か目の当たりにしました)

ただ、イラつかないためにもこういうもんだと私は思っています。